先日、無事引っ越しを終

先日、無事引っ越しを終えました。
準備で疲れてしまったのは確かです。

マンションから転居したので、引っ越し業者に大きい荷物を移動してもらいました。近所に引っ越したこともあって、お金を浮かせようと小さめの荷物で、自分で運べるものは何日もかけて台車を借りて荷物を載せ、新居に搬入しました。本当に、台車にはお世話になりました。

引っ越し業者の料金は、意外と安くなることが多いです。

私の引っ越し料金もそうでした。
荷物が少ない引っ越しだということで、軽のトラックで荷物を運ぶことになり、それに応じて費用が安くすみました。また、荷物を詰めるのもほとんど自分で行ったため、考えていたよりもとても安い値段ですみました。

何事もそうですが、引っ越しも段取りで決まります。

ダンボールは荷物が全部収まるように準備し、日程を考えて梱包作業を進めます。
引っ越し直前まで使う日用品を分けて、ものの種類で分けながら詰めれば大丈夫です。
何が入っているかわかるように、紙に書いて貼っておくと荷解きの順番を考えられます。電気をはじめとし、ガス、水道、電話など、移動のための手続きも日程を考え、計画的に取りかかりましょう。
引越しの準備で一番面倒なのは家の中の物全部をダンボールに詰める作業だと感じます。

日々生活しているとそうそうきがつかないものですが、荷物を詰める作業をしているとこれほど家の中に物があったんだと驚愕します。しかし、引越し準備と一緒に整理も出来る絶好の機会です。

自分が埼玉県から東京に引越しする時、パソコンを荷物に入れパッキングするか悩みました。自分たちには車があったので、主人が細かい荷物や貴重品とともにパソコンものせて新宿に運ぶことにしました。パソコンはきちんと梱包しても、もしも、誰かが起動させてしまったとしたら、個人情報があふれているので、かなり心配だったからです。引越し業者に要望しました。
引越し作業に熟知したプロに申しこんだ方が、安心だと考えたのです。

ところが、家具に傷を加えられました。
このような傷がついたら、保障はきっちりとしてくれるのでしょうか。泣き寝入り無しに、しっかりと償って頂こうと思います。エアコンをどうするか、というのは引っ越し時によく問題になるようです。しかし、退去するのが賃貸住宅の場合なら、管理人や管理会社の担当者に対して取り外しをせず、エアコンを現状のまま残していけるかを聞いてみるべきです。

その家に次回住む人が、エアコンをすぐ使えるため、音がうるさい、効きが悪い、といった不良エアコンでなければ、置いて行けることもあるわけです。エアコンを元の家に残していけるということはエアコンの取り外しにかかる費用を、使わなくてよくなりますから、引っ越しにかかる費用を少し削減できます。

引越で古い方の部屋を出て行くときに金銭的なトラブルに発展する場合があります。

部屋を明け渡す際にどのような費用がかかるのか、弁償する場合とはどんなケースなのかなど新しい部屋を借りる前にちゃんと確かめましょう。また、納得のいかないまま請求に及んだ場合には、支払う責任のない費用が含まれている場合もあるので、大切なことは、正しい知識を身につけておくことです。

あらゆる引っ越しには大小さまざまな問題が伴ってきます。転居後も同じガスコンロを使えるかどうか、確認することも案外大きな問題です。
私の引っ越しでは、新築の家だったのでガスコンロも新しくなったのですが、中古の住宅やアパートであれば、手持ちのガスコンロを引き続き使うことになるかもしれません。ただし、ガスの種類が違うと同じガスコンロを使えないこともあるので、ガスコンロを引っ越し先でも使う場合や、買い換えの計画があればどんな器具なら使えるかを確認しましょう。引っ越し業者に荷物を運んでもらう場合でも、自分でできるだけ梱包を行っていれば、比較的、安くあげられます。そうなるともちろん、当日、引っ越しに掛かってくる時間そのものも短くできます。
CMや公式サイトなどですべてお任せくださいと喧伝している引っ越し業者でも実のところはほかにもいろんなパターンのプランが用意されていますので、自分でプラン内容をしっかり調べてみることをおすすめします。引っ越しを一度でも経験すれば誰でも思い当たることでしょうが、旧居のガスを解約しなくてはなりません。

私も何度か引っ越しを経験してきましたが、解約自体が大変ということはありません。しかし、その解約を忘れてしまうと、転居後のガス代も請求される羽目になりますので抜け落ちないよう注意しましょう。しかも、引っ越した月の末日まで自分が支払うルールになっています。たいてい引っ越しをする時は、nhkに、住所変更の知らせを出す必要があります。転居を機にnhkを解約できたらいいなと思っていても、nhkは受信契約の解約にすんなり応じてくれる事はありませんが、テレビを廃棄したり、第三者に譲ったことを客観的に裏付けられれば解約できます。
今のプロバイダから別のプロバイダに換えてキャッシュバックキャンペーンのお金を受け取りました。

新しいプロバイダの回線速度も早く、サクサクと思い通りに動いてくれるので、特に不便だと感じることもなく、乗り換えという選択肢を選んで正解だったなと思っているのです。

お得なキャンペーン中なら、プロバイダの変更に踏み切ってみるのもいい結果になるかもしれません。

引越しのその日にやることは2つです。

まずは、出ていく部屋では荷物を運搬後に管理会社の立ち合いで部屋の状態を点検することです。ここで大きな汚れや傷を見定めますが、この点検が敷金の相殺や別途クリーニング費用の請求に影響します。新しい家ではガスの元栓を開けることが大切です。

これは業者の立ち合いが必ずいります。

ワイモバイルは毎月の維持費がどんなに少なくても3000円程度必要になってきますが、2台以上使っている場合には、500円割引の特権があります。
引っ越しするとき冷蔵庫と洗濯機が大変です